2006年07月26日

ガイドブックより

先に配布の「第14回日本ジャンボリー ガイドブック」に記載されている
内容ですがお知らせします。
見学隊の方も参考にしてください。


《救護所について》

会場内には、医師や看護師のいる「サブキャンプ救護所」と「中央救護所
(会場中央オートキャンプ場内)」が設置されます。
また、大きな怪我や病気の際には、会場外の病院で診察・治療が受けられ
ます。
場外病院での治療費などは参加者の負担となりますので、健康保険証の写し
を持参し、常時携行しましょう。



《熱中症を防ぐ》

特に夏季の野外活動で心配されるのが熱中症です。
炎天下で活動中に冷や汗が出て、頭痛やめまいがしたら、熱中症を疑うべき
です。
「熱中症」にかかってしまったら、まず日陰で水分を摂ってしばらく休むこと。

熱中症の予防策は次の通りです。
1.水分補給
  活動を始める前にスポーツ飲料などをあらかじめ500ml(コップ2杯
  くらい)飲む。
  ただし、糖分の多いドリンク類を摂りすぎると食欲がわかず、健康的な
  食事が  とれずに便通も乱され、さらなる体調不良を招くので注意が
  必要です。

2.準備運動
  活動前の準備運動が大切。急な運動開始は避けましょう。

3.頭・首を守る
  熱中症は体の中に熱が閉じ込められてしまった状態。
  頭や首の後ろを太陽の日光から守るために、活動中は必ず帽子着用。
  襟のある服装も効果があります。
posted by bsishikawa at 10:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月25日

氷の販売について

氷については一日一隊あたり二貫目配給しますが、
有償販売もいたします。

※ 1貫目の大きさは目安として、コンビニなどで販売している板氷の
  2倍程度の大きさです。

販売する氷は十分な量を確保する予定ですが
販売場所・価格については隊長会議で連絡する予定をしています。
posted by bsishikawa at 10:23| Comment(7) | TrackBack(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

見学者の車輌について

◆8/5の見学についてお知らせします。
(以下、変更になる可能性がありますのでご了解ください。)

《行き》

見学者の団体バスおよび自家用車は蛸島漁協駐車場にお越し下さい。

● 自家用車はそこに停めて、見学者はシャトルバスで会場へ移動します。

● 団体バスは係員の許可の後に会場へ入り、見学者ターミナルで
  見学者を降ろし、蛸島漁協駐車場へ戻ります。

  なお、通行許可証のない団体バスに対しては現地で通行許可証を発行
  します。
  この日は通行止めが多く行なわれます。
  通行止めは午前は少しの予定ですが、午後からは多く行なわれる予定
  です。
  大集会中は頻繁に通行止めが実施されます。
  通行許可車もシャトルバスも通行止めの対象ですので、ご了承下さい。


《帰り》

● 自家用車利用の見学者はシャトルバス又は徒歩で蛸島漁協駐車場まで
  移動しお帰りください。

● 団体バスは徒歩又はシャトルバス又はその団体の乗ってきたバスでの
  移動となります。

★ 大集会以前及び大集会中

  ・シャトルバス利用
   乗り場は、アリーナ上、売店前、見学者ターミナルの3箇所があります。
   アリーナ上は、その前の乗り場で満員になった場合は通過することが
   あります。
     注:午後からは通行止めが多く行なわれる予定です。
     注:大集会中は頻繁に通行止めが実施されます。

  ・乗ってきたバス(マイクロ含む)利用
    指導者→バスの運転手に連絡→バスを見学者ターミナルに呼ぶ。
    係員の許可後、見学者ターミナルに移動し乗車後移動します。
    ちょうど大集会終了と重なると、最後になる可能性があります。
     注:午後からは通行止めが多く行なわれる予定です。
     注:大集会中は頻繁に通行止めが実施されます。

  ・徒歩での移動
    徒歩の場合、約2km弱で30分以内で蛸島駐車場に着くことができます。
    (誘導旗を立てる予定です)

★大集会終了後
 大集会終了後は蛸島駐車場にいるバスを呼んで、退出することが
 できます、以下の手順で行動してください。

   ・乗ってきたバス(マイクロ含む)利用

A.バスの運転者と引率責任者は互いに携帯電話で連絡が取れるように
  しておいて下さい。

B.集会終了と同時に、蛸島漁港の見学者用駐車場の先頭から30台が
  出発します。その時、運転者は引率責任者へ「出発した」旨を
  必ず伝えて下さい。

C.連絡を受けると同時に見学者全員は、アリーナの座席右側の通路を降り、
  7SCと6SCの横を通り、野球場前を左へ折れ、テニス通りへ向かいます。

D.運転者は、駐車したら直ちにその場所のコーンに書かれている番号を、
  引率者に伝えます。

E.駐車場所にいるバスに乗り込み移動します。公共施設へ宿泊する団は、
  施設にいる見学者案内部員の指示に従って下さい。

F.バスが出発次第、空いた位置へ次のバスが駐車場から出発します。
  その時引率責任者へその旨を伝えます。以下、(A)から(E)を繰り返します。

  3巡で終わる予想です。

  ・シャトルバス利用
    乗り場は、アリーナ上、売店前、見学者ターミナルの3箇所があります。
    アリーナ上は、その前の乗り場で満員になった場合は通過することが
    あります。
     注:午後からは通行止めが多く行なわれる予定です。
     注:大集会中は頻繁に通行止めが実施されます。

  ・徒歩での移動
    徒歩の場合、約2km弱で30分以内で蛸島駐車場に着くことができます。
    (誘導旗を立てる予定です。)


徒歩退場地図.pdf
posted by bsishikawa at 10:12| Comment(4) | TrackBack(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月15日

ジャンボリーFM局

ジャンボリー会場ではミニFM局を開局します。(8月2日〜8月7日)

朝6時から夜10時まで、楽しいおしゃべりと音楽、開会式やジャンボリー大集会・閉会式などの会場からの中継、スカウトショップ情報、気象情報、駐車場情報やプログラム情報などをお届けします。

装備品にFMラジオをお忘れなく。

リクエストも受け付けます。
FMスタジオはスカウト用品売店近くです。


周波数:77.2MHz
呼び出し名称:すずジャンボリーイベントエフエム
posted by bsishikawa at 09:47| Comment(4) | TrackBack(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月10日

車の乗り入れ規制について

先に、8月1日午後から交通規制がかかるとお知らせしましたが、8月1日午前9時より交通規制がかかり、通行証のない車両の通行はできないこととなりましたのでご留意ください。
posted by bsishikawa at 15:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スカウト活動体験コースについて

ジャンボリー期間中、スカウトの活動を県内の一般の児童・生徒の方に
体験していただくプログラムとして「スカウト活動体験コース」が開催
されます。

お知り合いの方で、スカウト活動に興味のある方がいらっしゃいましたら、
ぜひこのプログラムをご紹介ください。

1.実施日時(1日コースを3回開催)
 (1)平成18年8月4日(金) 10:00〜16:00
 (2)平成18年8月6日(日) 10:00〜16:00
 (3)平成18年8月7日(月) 10:00〜16:00

2.実施場所
 珠洲市蛸島町「りふれっしゅ村鉢ケ崎」
 第14回日本ジャンボリー会場

3.体験内容・日程
  10:00 開講式
  10:10 会場見学
  10:30 A連凧づくり B火起こし C風呂敷 D体験ブース
      (チームに分かれ、いずれかを体験)
  11:30 A連凧づくり B火起こし C風呂敷 D体験ブース
  12:30 昼食
  13:20 A連凧づくり B火起こし C風呂敷 D体験ブース
  14:20 A連凧づくり B火起こし C風呂敷 D体験ブース
  15:20 連凧上げ(全員参加)
  15:50 解散

4.参加定員
   1日につき100名

5.参加対象者
   小学生および中学生
   小学生は原則として保護者同伴で参加してください。

6.参加費
   一人につき1,000円
   (内訳:参加記念帽子、昼食代、材料費、傷害保険料など)

7.参加申込期限
   18年7月20日(木)

8.連絡先
   石川県教育委員会事務局ジャンボリー開催支援室
    電話番号(代表) 076-225-1111

※ 現在のところの申込状況は、8月4日:88名、8月6日:42名、
8月7日:51名となっています。
posted by bsishikawa at 08:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月06日

調味料の配給について

配給される食材および献立は「SCOUTING」2006年7月号に掲載されていますが、ここに出ていない調味料についてお知らせします。

調味料は8月3日に期間中使うものがまとめて配給される予定です。
(数は40人分です。)

・濃口しょうゆ(500ml 1本)
・塩 (800g 1パック)
・ソース (500ml 1本)
・コショウ (90g 1個)

posted by bsishikawa at 22:06| Comment(1) | TrackBack(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月04日

県連派遣団輸送計画

県連派遣団の輸送計画が少し変更となりました。

8月1日(火)/先発隊(県連派遣団、SHQ要員、奉仕隊)
加賀市役所(AM6:30)→小松商工会議所(AM7:10)→金沢駅西口(AM8:30)→NJ会場

8月3日(木)/派遣団本隊

【加賀地区】
加賀市役所(AM6:00)→→別所岳サービスエリア
小松商工会議所(AM6:30)→→別所岳サービスエリア
川北役場前(AM6:30)→→別所岳サービスエリア
松任若宮体育館前(AM6:30)→→城北市民運動公園駐車場(7:00)→→別所岳サービスエリア

【金沢地区】
 城北市民運動公園駐車場(AM7:00)→→別所岳サービスエリア

【能登地区】
 押水(AM7:30)→→西山サービスエリア(AM8:00)→→別所岳サービスエリア

■結団式は7月23日(日)に行います。

復路は
派遣団本隊は8月8日(火)に現地をAM8:00に出発し、別所岳サービスエリアで解団式の予定です。

後発隊は8月8日、現地発15:00を予定しています。
(金沢着18:00、小松着19:00、加賀着19:45の予定)


資材・器材・隊装備の積み込みは7月23日(日)9時から、金沢地区は高柳基地、加賀地区は小松城南集荷センターです。
posted by bsishikawa at 12:26| Comment(1) | TrackBack(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月03日

カブ・ビーバー石川の集いについて

テーマ「ジャンボリー探検隊 いぬわし君をさがせ」

■目的とねらい
 地元で開催される日本ジャンボリを見学、体験することにより、あらためてスカウト活動の素晴らしさを再認識することを目的とし、参加したカブスカウト、ビーバースカウトがボーイスカウトにあこがれと、すばらしさを感じ、自分もジャンボリーに参加したいという思いを持ってもらうことを狙いとします。

■日時 平成18年8月6日(日) 午前8時30分 受付
■場所 珠洲市蛸島町 14NJ会場、休憩テント
■プログラム
14NJ会場内に羽を休める石川県の県鳥「いぬわし君」を探し、記念スタンプを押してもらうスタンプラリーを行います。
速さを競うのではなく、ジャンボリー会場のスケールの大きさなどを体験してもらうことがねらいなので、自分達のペースでゆっくりと「いぬわし君」を探してください。
事前課題・事前準備品は特に設けません。
各団に配布されている、SCOUTING誌「14NJ臨時増刊号」などで、会場の全体像をつかんでおいてください。)

■日程
8時30分 受付
9時00分 開会式
9時15分 プログラムの説明
9時30分 プログラム開始
11時00分 参加記念プレート授与
13時00分 いぬわし君巣に帰る

※すべてのいぬわし君を見つけられなくても、11時から休憩テントにて参加記念プレートをお渡しします。
※13時をもってスタンプラリーを終了し、流れ解散とします。
※昼食時間は12時〜13時の間に自由におとりください。
※開会式に遅れても10時30分までスタンプラリーの受付を行います。

■服装
・活動しやすい、肌の露出の少ない服装(大変暑いと思われます。)
・ネッカチーフ・見学章は着用ください。
・帽子はキャンプにこだわらず、つばの大きめの帽子が良いと思われます。

■持ち物
健康保険証のコピー、水筒、タオル、身分証明書(迷子になったときに必要)

■安全・健康管理
・安全管理については、引率者の責任において行ってください。
・会場内には一般道路も含まれています。道路の横断等には十分に注意をはらってください。
・熱中症等が予想されます。十分な水分の補給を心がけてください。(売店があります)
・会場内には救護所が準備されています。
・休憩所も設けてあります。
・スカウトには無理をさせないでください。

■その他
 会場内にはいろいろな施設があります。特にサブキャンプを訪問する際は、礼儀正しく、節度を守った態度をおとりください。サブキャンプは参加隊の家です。挨拶を忘れずに行いましょう。
posted by bsishikawa at 23:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月02日

APR行事について

ジャンボリーでは、選択プログラムやエキスカーションプログラムの他にも、サブキャンプ独自のプログラムやスカウトプレスなどスカウトの参加できる行事がたくさんあります。

会場に開設される世界スカウトセンターでも、日本連盟が所属する「世界スカウト機構・アジア太平洋地域(Asia-Pacific Refion:APR)」の創設50周年記念の行事が行われます。

■第3回エア・インターネットジャンボリー
 アマチュア無線とインターネットを使って世界各国のスカウトと相互交流を行います。
■ローバーピースバトン
 ローバースカウトが世界の平和を呼びかけながら、バトンをAPRの各国に繋いでいくもので、8月7日に次の順番国である韓国への引継ぎセレモニーを行う予定をしています。
■APR50周年記念スペシャル・アクティビティ・バッジ
 カブスカウトからローバースカウトを対象に一定の課目にチャレンジして取得できる「スペシャル・アクティビティ・バッジ」がありますが、このバッジのボーイスカウト部門の取得プログラムを実施します。

ぜひご参加ください。
posted by bsishikawa at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。